橋下徹大阪市長と大阪維新の会と維新政治塾

国政進出の候補者公募というのは維新政治塾のことだと解釈する。

記事には、公募に3000人以上が応募したと記載されているが、維新政治塾のページには2200名以上と記載がある。

いずれにせよ、そのような規模で応募があったということ。

ここから選考を経てどれだけの人が表に出てくるかは別問題だが、意欲をもった人々がいるのだ。

その意欲が、人のため地球のために役立つ方向であればと願う。

この記事は、政治破壊を目標達成とせず、あるべき姿への再構成を考える必要があると解釈した。

ファーストコンタクトでも同様だろう。

コンタクトが目的ではなく、コンタクトした後の方向性が重要。

[報道]

橋下徹大阪市長は“壊し屋”を超えられるか – 中央公論.jp

[参考]

大阪維新の会

広告

コメントを残す(メールアドレス、名前、ウェブサイトは任意入力)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中