震災がれきを日本全国に処理要請は妥当なのか

2000万トン以上のがれきを処理するのだから、数日でどうにかなる問題ではないだろう。

近隣で施設を増設して処理する場合と、遠方へ輸送して処理する場合と、処理期間や運用コスト、処理後のがれきリサイクルなどを考慮して最適な手段を講じる必要があるだろう。

阪神淡路大震災時のがれき処理はどうだったのかも考察が必要。

[報道]

震災がれき:都道府県・政令市に今週、処理要請…閣僚会合 – 毎日jp(毎日新聞)

時事ドットコム:がれき受け入れ表明=試験焼却「問題ない」-静岡県島田市

時事ドットコム:がれき処理で意見交換=東大生らが宮城県名取市長と

[参考]

阪神・淡路大震災におけるガレキの処理・活用に関する調査と考察

【瓦礫】阪神淡路大震災では瓦礫の拡散は無かった?【がれき】 – Togetter

広告

コメントを残す(メールアドレス、名前、ウェブサイトは任意入力)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中