消費増税関連法案成立に向けて不退転の決意ということですが

自民党は衆議院を解散するのを前提に消費税増税に賛成。選挙に勝てる見込みがあるのでしょう。

国民新党では消費税増税に反対という立場のようだが、亀井静香代表は連立を離脱する勢いに対して下地幹郎幹事長はそうでもない。亀井氏が暴走中な気がするがいつものことか。

ここまでは党内の意見は統一されているといってもよいように感じる。

そして民主党。

民主党内では消費税増税に関して賛成と反対で党内の意見が割れている。小沢氏曰く、ほとんどの民主党員は反対と。

不退転の決意で政治生命を懸けるのは、消費増税関連法案成立ではないような。

実は、こんな消費税増税のゴタゴタを報道させておいて、裏で国民が知らぬプロジェクトを走らせているのではないかと思える展開。

[報道]

時事ドットコム:首相「決断できねば存在意義ない」=消費税法案、今国会成立に決意

時事ドットコム:消費増税「党内はみな反対」=小沢元代表

時事ドットコム:消費増税で党二分=亀井氏、連立離脱の構え-国民新

「小沢氏との妥協、国にとって不幸」…谷垣総裁 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

広告

コメントを残す(メールアドレス、名前、ウェブサイトは任意入力)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中