メガソーラーの課題

地上で太陽光発電を行う場合、発電効率は太陽光の具合に左右される。

これは太陽を発電燃料とするので当然といえる。

記事で語られる夏のピーク電力云々の記述はひとまずおいておくとして、

夜間の光がない状態や昼間でも太陽が雲に隠れてしまう場合の発電力低下は免れないし、この対策を考えておく必要があるのは確か。

太陽光発電は余剰蓄電などのバックアップが不可欠だと思うが、他の手法として、火力や水力を頼りにする想定もあるだろう。しかし、将来に渡って頼りにし続けていたら代替の意味がなく。

この問題に対して、記者は地熱発電をもってくるようだが、次回はどのように展開するのかな。

[報道]

今のメガソーラーは“メガ負債”となる : アゴラ

広告

コメントを残す(メールアドレス、名前、ウェブサイトは任意入力)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中