『消費税法案』が進捗中ですが『がれき受け入れ問題』も進捗中

消費税法案関連。それぞれの思惑が交錯して絡まってるような。

相変わらず揉め続けて場外乱闘かとも思える消費税法案の影で、がれき受け入れは着々と進捗しています。

政府から2012年3月16日に都道府県へ文書要請をして回答を求めていた件。

地域により対応は様々なようで。

愛知県は受け入れを表明していますが、予算周りで国と揉めている模様。

北海道は事実上拒否なんて表現されていますが、国に回答を求めているので受け入れ保留中というべきか。

受け入れ拒否には、技術的側面で問題点を指摘している印象ですが、受け入れ表明からは感情論が主軸になっているような印象がある。

メディアの都合で感情論を前面に押し出す記事になっているのは否めないが、感情論的発言をしたことは間違いないのだろう。

この問題は、いうまでもなく、感情論で判断するような内容ではない。

がれきの移動が全国規模で行われるという事実を考慮すべきで、受け入れ表明した地域の個別判断がどうこうではない。

つまり、初めから地域限定ができる問題ではない。

がれきの放射能汚染が云々も検討事項だが、その前に検討する事項もあるだろう。

なぜ現地で処理施設を建設しないのか。
なぜ現地でがれき再利用や現地雇用を創出する方向で検討は成されないのか。

要請が必要なほどの物量だから、そのがれき処理は数回で済むような代物ではなく、それなりの期間で継続する事業になるというのに。

それぞれの地域で個別に予算を組むくらいなら、その予算を現地に回して現地で処理する方向性の方がよほど効率的だと思えますが。

以前は反対を表明していた地域も、最近は賛成に回っている地域もあるようで。

政治劇場と化している消費税云々は脇において、あなたの地域がどういう方向性に動いているのかを把握する方が、より身近な問題かもしれません。

[報道]

亀井代表を解任 国民新党議員総会 今後は下地氏ら6人で与党活動 – MSN産経ニュース

[参考]

震災がれき:愛知県、処理費で国と対立- 毎日jp(毎日新聞)

東日本大震災:愛知県、がれき調査費6億円を予算計上へ 知事の専決処分に- 毎日jp(毎日新聞)

震災がれき:札幌市は拒否 「安全の確証ない」- 毎日jp(毎日新聞)

広告

コメントを残す(メールアドレス、名前、ウェブサイトは任意入力)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中