政府が大飯原発の再稼働が妥当と判断

大飯原発の再稼働は妥当と判断し、次は地元の説明に移るそうだ。

100%の安全なんてものはない。それはナンセンスの極みだ。

  • 何の対策もしなければ90%の確立。
  • A対策をすれば95%。
  • B対策で97%。
  • C対策で98%。

そういった妥協点を探るしかないのはわかる。

だが、一方で、福島原発の4号機のトラブルは、現在も一向に収まっていない。

どのような安全性を確認したのか。何をもって安全と判断したのか。

釈然としない。

[報道]

時事ドットコム:大飯原発の再稼働「妥当」=安全性確認、電力不足回避にも必要-政府

[参考]

時事ドットコム:4号機燃料プール、冷却停止=配管で水漏れ20リットル-東電

「福島原発4号機は危機的状況、国際的な責務果たせ」――元駐スイス大使が枝野・細野両大臣と米倉・日本経団連会長に要請 — オルタナ

広告

コメントを残す(メールアドレス、名前、ウェブサイトは任意入力)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中