西川知事『電力消費地に対するリスク共有』に配慮必要と橋本市長

枝野経産相と会談後に西川福井県知事が発言した『電力消費地に対するリスク共有』話。

その発言に対して橋下大阪市長は、

橋下市長は西川知事の提案について、報道陣に「大変有意義。電力消費地は今まで(原発立地自治体に)お世話になったことを認識し、配慮しないといけない」と評価。
一方で、「電力消費地で受け入れるとなれば反対運動が起きるかもしれない。西川知事はそれをわかった上で発言しており、うわべの議論はやめようとの意思の表れだ」とも語った。

流れにあわせながらも自己主張を絡めての発言。

大阪市は再稼動反対の立場。自分の主張だけを主軸にするとただの反論となっただろうに、他力をとても上手く活用している。

[報道]

橋下市長「電力消費地は配慮しないといけない」 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

[参考]

橋下氏らの説得を…大飯原発再稼動で福井県知事 : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

大飯再稼働:河村市長が批判 政府に「ハザードマップを」- 毎日jp(毎日新聞)

広告

コメントを残す(メールアドレス、名前、ウェブサイトは任意入力)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中