フィリピンと中国が南シナ海で睨み合い

尖閣諸島における中国とのイザコザは収まること無く続いていて、石原知事の尖閣諸島購入発言でさらに拍車がかかっている。

中国が手当たり次第に喧嘩を売っているのか、あるいは、今までの放置状態を改めた国が売っているのか定かではないが、似たような領土問題は、何も日本だけでもなく。

フィリピンと中国。この穏やかではない対峙にアメリカとロシアが加わり。

当事者が増えるのはよいが、問題が複雑化しないことを祈る。

[報道]

「中国の侵略にノーを」南シナ海で中国とフィリピンが対峙=領事館前で抗議集会―フィリピン

[参考]

黄岩島 – Wikipedia

中国とロシアの海軍が来週から黄海で合同軍事演習、近年最大規模

米比合同軍事演習、フィリピン「中国を挑発する意図はない」―中国メディア

「アリが象を傷めつけることはできない」領海問題でにらみ合い続くフィリピン国防相が発言―中国メディア

広告

コメントを残す(メールアドレス、名前、ウェブサイトは任意入力)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中