武雄市の公立図書館を民間委託へ

記事より、

5月上旬、佐賀県武雄(たけお)市が公立図書館の運営をTSUTAYAなどを手掛けるカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)に委託、来年4月にオープンさせると発表した
(中略)
利用者の個人情報(貸出履歴)は指定管理者であるCCCに提供される可能性があると指摘。図書館の管理・運営上の集積される個人情報は、本来の目的以外に利用されること自体を想定しておらず、「利用者の秘密を守る」ことを公に市民に対して約束している公共図書館の立場からは肯定しがたいとした。図書館運営と無関係に、指定管理者の企業の自主事業に活用するために提供できることか、慎重な検討が必要だと促している。

公共機関としての公立図書館へ民間企業が運営に関わることに違和感はある。

厳しい市場で培われた専門知識が活かせるのはいうまでもないだろうが、別に、専門企業はCCCだけでもなく。

記事中にも指摘があるが、なぜCCCが指定管理者になったのか、プロセスが不明とあってはキナ臭く思われても仕方なし。

しかも、Twitterで個人情報を軽視した発言をしたとかで炎上するというお約束。

でも、武雄市の樋渡市長のブログでは、

でもね、僕はこういった炎上とか全然気にならないんですね。それはなぜか、この新図書館構想そのものの動機が善だし、その上、これは市民価値の向上につながるものと確信しているから。そういう意味では、市民病院の民間委譲と全く同じなんですね。それと、武雄の知名度がさらに上がることによって、結果、図書館のあり方に関心が集まる。
(中略)
僕が言っているのは、「5月6日20時40分、42歳の市内在住の男性が、「深夜特急」「下町ロケット」「善の研究」」を借りた。」ということそのものについては、個人が特定できないし、仮にこれが外部に出ても法令に照らし、全く問題がない、これが僕の見解であり、図書館の貸出履歴は、これをもとに、個人情報に当たらないって言っているんです。個人が特定できない。その中で、この情報はとっても貴重で、図書館の本の品揃え(武雄市立図書館は市民から成る選書委員がいます。)に当てたり、リコメンド(本を借りる人に、別の本の推薦)にあてたいって思っています。

主張の骨組みは案外とまとも。だというのに、こういう所をマスコミが取上げることはないだろう。

部分を切り出して総意とスル手法は、どうにも好きになれないね。

そこいらに漂っている上澄みだけをすくい取るのは、なにも、マスコミだけではないが。

[報道]

武雄市の新・図書館構想について日本図書館協会が見解を発表 – 電子書籍情報が満載! eBook USER

[参考]

「代官山 蔦屋書店のノウハウを」――佐賀県武雄市が新図書館構想 – 電子書籍情報が満載! eBook USER

武雄市長物語 : 図書館貸出情報の扱い、ご安心ください!

武雄市長物語 : 今日の読売記事はデタラメだ。

広告

関西広域連合の会合における大飯原発再稼動議論

関西広域連合の会合記事にて。

大阪府松井知事、

大阪府の松井知事は「安全基準が暫定的だということは、それに基づく安全対策も万全ではないということなのに、運転を再開させるのか」と述べ、政府の姿勢を批判しました。

といった発言に、細野大臣、

細野大臣は「原発にもはや万全ということはありえない。常に新しい知見に基づいて、高いレベルの対策を満たしていくというのが政府の考え方だ」と答えました。

そして、大阪市橋下市長、

また、大阪市役所からテレビ会議のシステムを利用して参加した橋下市長も、仮に運転を再開するにしても期間を限ることを検討すべきではないかとただしました。

その返しに細野大臣、

細野大臣は「時期を限っての運転は考えていないが、原子力規制庁の下で新たな安全基準を作り、大飯原発も再評価する。その再評価の結果おかしいということなら使用停止も含めた厳格な措置を取る」と答えました。

細野大臣の発言は一貫している。

別の記事で枝野大臣が、

枝野幸男経済産業相は29日の閣議後記者会見で、橋下徹・大阪市長が関西電力大飯原発の夏だけの再稼働に言及したことに対し「万が一の場合に一番影響の大きい(地元の)福井県やおおい町の皆さんに提起することはとてもできない」と否定的な考えを明らかにした。
橋下氏は19日、大阪市で開かれた関西広域連合で、細野豪志原発事故担当相らに対し、期間限定の再稼働を提案。これに対し、枝野氏は「『安全ではないかもしれないが、本当に足りない時は動かす』と受け取られかねない」と述べ、橋下提案は地元に理解されないとの認識を示した。

と発言していたのとも合致していて、珍しくというか、政府見解は一致しているようだ。

受け答えだけ抜き出すと、細野大臣や枝野大臣の言い分の方がまともにみえてくる。

しかし、実際のところは、松井知事も橋下市長も政府も、それぞれの立場とお互いの言い分の落とし所を探っていわけで、そんな最中の一部の会話だけを抜き出しても仕方ない。

でも、夏という期限を設定している限りは、部分が焦点となるのもまた仕方ない。

とはいえ、福島原発事故の対処不能状態と事態収束の目処がいまだに見えない状況を考えれば、原発稼動の議論を行っていること自体が、すでにまともじゃないことなんだろうな。

[報道]

大飯原発 知事の対応分かれる NHKニュース

[参考]

大飯原発:夏だけ再稼働の橋下案に否定的 枝野経産相- 毎日jp(毎日新聞)

円と人民元の直接取引を6月1日から開始

記事から、

安住財務相は「取引コストの低下や金融機関の決済リスクの軽減というメリットがあり、両国通貨の利便性の向上、東京市場の活性化にも資する」と述べた。

円と人民元の間にあったドルへの交換手数料がなくなれば、企業利用が増加して活性化に繋がるとか言いたいのかな。

しかし、どうだろうね。

人民元絡みの為替が安定するようにも思えないし、どこに見込みを見出したのか。

[報道]

円・人民元、6月1日から直接取引 安住財務相が表明 – MSN産経ニュース

[参考]

円と人民元:直接取引拡大へ 日中政府が始動- 毎日jp(毎日新聞)

円・人民元直接取引へ:日中間の貿易円滑化に期待- 毎日jp(毎日新聞)

切抜帳20120528

うちわ1枚6千円程度が大体の相場な感じの水うちわ。水に浸して扇げば、体感で2度下がるとかなんとか。でも、うちわに使うような天然ニスの防水効果はそれほど高くはないと思われ。ワンシーズン6千円で使う潰す気なら止めないが。

前を向かずに手元しか見てないから対面ですれ違うとき、どっちに避けたものだか迷う。ヘッドホン付けている人にはクラクションすら聞こえないようだし危ないのは間違いない。しかし規制されないとそんな事も分からないのかというのもナンダカね。

使わぬ学びは学ばぬに同じ。これこそ知識を実践している様。そして、何より、楽しんでいる。

三人寄らば文殊の智恵になってくれればよいのだけれど、得てして、どうにも、気が大きくなってしまうのか。

この前は15%を推すようなことを言っていたが、どうするのかな。

取り出し実験を7月に。続報が気になる。

賛成派は試験焼却で既成事実を作り出し、反対派は段々と過激さを増していくと。

似たようなニュースが他にもあって「29日も寒気が上空に居座り、不安定な天気の予報」てな感じ。寒気の影響が強いようだ。

顔料を染み込ませた布で放射性セシウム除去と。要するにフィルターなのだから、その布は濃度が増すと。除去後の布はどう処理するのだろうか。

野田首相は1回のつもりと受け取れる発言だが、別の記事をみると「30日に首相と小沢氏が会談 NHKニュース」輿石幹事長は何度でもといった風。意見の相違はご愛嬌か。

ニューヨーク州で匿名のネット発言を禁止する法案提出

記事から、

ニューヨーク州議会の上下両院で提出されている法案は、ニューヨーク州に基盤を置くブログや新聞、ソーシャル・ネットワーク、掲示板などのウェブサイトに対し、「匿名の投稿者が投稿に自分の名前を付けることに同意しない限り、サイト上のそのような投稿者のコメントをすべて削除する」ことを求めている。
同法案を提案したトーマス・オマラ上院議員(共和党)は、この法案は「インターネット時代に説明責任をもたらす」ことに役立つと述べている。ジム・コンテ下院議員(共和党)は、この法案によって「卑劣で根拠のない政治的攻撃」が減り、「強制的に身元を明らかにさせることによって、サイバーいじめに注目が集まるようになる」と述べている。
(中略)
この法案についての採決はまだ行われていないが、表現や思想の自由を保障する米国憲法修正第1条が廃止されない限り、たとえ可決されたとしても、この法案が憲法審査を通る見込みはないだろう。

引用にあるように、別口の憲法により、この法案が通る見込みはないだろうという落ちを付けた記事だが、こんな法案を提出する政治家が存在するというのがナントモ。

ネットに限らず、コミュニケーションにおける問題点の多くは、人の倫理性が原因であるはずだが、その根本的な改善は棚上げされて、こんな対処療法的なその場しのぎの手法を採用しようとする意図は、一体どこにあるのだろうか。

体の良い言葉を付けて、本当は、検閲や弾圧をやり易くする意図があるように邪推してしまう。

[報道]

匿名のネット発言を禁止する法案:ニューヨーク州 – MSN産経ニュース

[参考]

「ネットに匿名性は不可欠」――総務省 – ITmedia ニュース

匿名 – Wikipedia

切抜帳20120527

どこの虎の穴だと思ったが、参考にできる見本を提示していたりするから何も教えずというわけでもないようだ。試行錯誤でとにかく実践しろというこったね。

反対派が押し切ったか。

機体にペイントしているアレらは特別塗装機というのを初めて知った。

大阪都構想の協議を近々に予定と

記事から、

橋下徹大阪市長が掲げる「大阪都」構想の実現に向け、民主党は、国の関与を当初案より縮小した法案を今国会に提出する方針を固め、近く野党との協議に着手する。
これに対し、橋下氏は、既に国会提出された自民・公明両党案などとの一本化を求める構えだ。与野党が歩み寄れるかどうかが法案の成否を左右しそうだ。
(省略)
既成政党がそろって法案に協力する姿勢を示すのは、橋下氏が率いる地域政党「大阪維新の会」の国政進出が取りざたされる中、次期衆院選をにらみ維新の会との関係をこじらせたくないとの思惑がある。

本当に「こじらせたくないとの思惑」があるのならナントモ日和見的過ぎるが、実際のところ、自分達の「政治」に使える接点を作り出している最中と。

大阪維新政治塾は2歩目を進めたが、その本体に絡むシタタカな人々の歩みは、いま、何歩目を進めているのだろうか。

[報道]

橋下「大阪都」一本化、国関与で与野党隔たり : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

[参考]

ダブル選挙近づく大阪―「都構想」で儲かって活性化するのか – Japan Real Time – jp.WSJ.com

大阪都構想 – Wikipedia