立体駐車場の安全性

どれほどの安全装置を備えようと、利用者側がそれを解除すれば意味がない。

元々、投下中しか稼動しない仕組みで安全性を担保していたのを、不便だという理由で、利用者側がそれを解除してしまったのが事故の原因。

安全より便利さを取るならば、利用者側の資質を高めるしかないが、それを怠っていては、安全性が失われるのは当たり前だ。

最終的には、人の意識が安全性を確定する。

[報道]

立体駐車場で26人死傷 消費者庁が注意喚起 – MSN産経ニュース

[参考]

子供巻き込んだ立体駐車場 可動ボタンの固定具規制へ 大阪・茨木の事故で(1/2ページ) – MSN産経west

安全性・耐久性|立体駐車装置、機械式駐車装置【機械式駐車場のIHI扶桑エンジニアリング】

広告

コメントを残す(メールアドレス、名前、ウェブサイトは任意入力)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中