電気事業連合会会長が曰く「早く再稼働できるよう最大限努力する」

記事によれば、

「電力の安定供給にあたり、原発は今後も大変重要な電源だ。安全性の確保に全力で取り組み、立地地域や社会の信頼回復に努めて、早く再稼働できるよう最大限努力する」

と。

そりゃ、会の立場としては、再稼動ありきで事を進めようとするだろうね。そういう会なのだから。

例えば、以前に発足した『脱原発をめざす首長会議』などは、こういった原発推進派を呼んで、議会という仕組みの中で議論をすれば、新しい展望が開けるだろうに。

賛成派、もしくは、反対派、一方の派閥だけで集まるだけでは、いつまで経っても調和は生まれない。

[報道]

電事連会長「原発再稼働に最大限努力」

[参考]

電気事業連合会 – Wikipedia

電気事業連合会

原子力ロビー「電気事業連合会」の力と実態

資源エネルギー庁 コスト等検討小委員会

原子力発電所運転実績 | 一般社団法人 日本原子力技術協会

広告

コメントを残す(メールアドレス、名前、ウェブサイトは任意入力)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中