揉めて発足がままならないならエネルギー政策議論に注力したら

記事から、

原子力規制庁設置を柱とする政府提出の原子力規制関連法案は、与野党の調整が難航し、成立の見通しは立っていない。
(中略)
政 府は保安院、原子力安全委などを統合した原子力規制庁を環境省外局として4月1日に発足させる方針だったが、自民、公明両党は「独立性が不十分で、政治の 介入を招きかねない」と反発。独立性の高い国家行政組織法に基づく「3条委員会」の原子力規制委員会を設け、その下に事務局として原子力規制庁を置く対案 をまとめた。

4月の状態から進展らしきもものもなく、いまは、もう5月ですね。

[報道]

先見えぬ原子力規制庁設置…「大飯以外」停滞も : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

[参考]

規制庁早期発足目指し、野党と修正協議…原発相 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

広告

コメントを残す(メールアドレス、名前、ウェブサイトは任意入力)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中