13日から日中韓首脳会談と正式発表

日中韓首脳会談が目前に迫ってきたなか、尖閣諸島購入発言でグラグラと動揺を政府に突きつけた石原氏。

その後の行動は鳴りを潜めて静かなものだ。

首脳会議を控えた政府の方針は、なるべく穏便にさざ波も立てずに緩やかな、といった態度は、いまも変わらず。

それに引き換え、中国は、わが道を行くか。

首脳会談を数日後に控えても微妙な海域で挑発を繰り返す。

諸外国に対して言うべきを言わない政府が、首脳会議という正式な議論の場で、言いたい事を言えるとは思えないのだが。

[報道]

時事ドットコム:13日から北京で日中韓首脳会談

[参考]

中国艦船「動向を注視」 官房長官、活動活発化を警戒 – MSN産経ニュース

広告

コメントを残す(メールアドレス、名前、ウェブサイトは任意入力)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中