福岡県北九州市の震災がれき試験焼却

北九州市のHPで公開されているPDF資料をみた。

「災害廃棄物の受入検討に関するQ&Aを作成しました」に運搬についてのQAが記載されていて、

Q1 どのような方法で北九州市に運ぶのか。そのコストはどれくらいか。

A1 本市からは廃棄物の飛散防止や取り扱いやすさを考慮し、フレコンバッグ(荷物を保管・運搬するための袋状の包装資材)で搬送するように宮城県側にお願いしている。
運搬方法は、本市の提案内容やコストを考慮した上で宮城県が決定するが、コストの安い海上輸送が中心となると考えている。

予定では、海路と陸路を使うようだ。

運搬経路となるだろう県は受入表明の意思表示を行っていないから、震災がれきが県を通ることに対しては、見て見ぬフリということか。

とはいえ、

Q4 北九州市までの輸送費用はどこが負担するのか。
A4 石巻市から本市の保管施設までの運搬は、宮城県が実施する。

とあり、宮城県が運搬の責任を負う形を取るようで、被災地である宮城県に物申すのは、なかなか難しいだろうが。

他のPDF資料「石巻市の災害廃棄物の試験焼却の日程について」によれば、

検討した運搬、焼却、埋立処分の各方法が適切であるか検証を行う。
放射能濃度の測定結果について、想定と同じであるか検証を行う。

というのを目的とし、80トンの焼却を試みると。

日程は、5月18日にがれきの破砕・選別・詰め込み、19日にトラックで運搬、22日に北九州市に搬入を終えて、23日~25日で試験焼却を行う模様。

焼却に関しての試験結果は公表する予定だそうだが、何をもって適切であると判断するのだろうか。

[報道]

震災がれき、焼却のため北九州市へ…西日本で初 : 巨大地震 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

[参考]

東日本大震災:がれき試験焼却データ、28日めどに公表−−北九州市方針 /福岡- 毎日jp(毎日新聞)

東日本大震災:がれき受け入れ 「試験焼却中止して」反対派市民団体訴え−−北九州 /福岡- 毎日jp(毎日新聞)

東日本大震災に伴う災害廃棄物(がれき)の広域処理について – 北九州市

広告
« »

コメントを残す(メールアドレス、名前、ウェブサイトは任意入力)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中