死に関する考察

精神的なもの、死にまつわる心理についての考察、物理的な死そのものについての考察、死ぬ瞬間、様々あるが、唯一いえることは、現状において、生きているうちは、誰もそれを証明できないことだ。

このような体験をした、このような記録があった。しかし、それらは特定の個人が体験したことであって、

いつでも誰もが体験できるものではなく、死後の世界を、生きている者が論じても、誰もが納得する証拠を示すことが出来ない。普遍的に証明が出来ない知識を論じていったいどのような意味があるのだろう。

死は罪かという問いかけがある。極めて一般的な話題で、そして、極めて難しい問題だ。

まず、人の死について考える。死とは何か。

死というものを人生の終わりであるものと定義する。ということは、それを確認するためには生を終わらせるしかない。
生を終わらせる事が可能なのはただ一度きりだ。そして困ったことに、一般的に、死を迎えると、生では当たり前の会話というものが成り立たない。情報を得るために死を選択すると、欲しい情報が提供できなくなる。

論理的矛盾。

自殺とは自ら命を絶つことで、それも死だ。これは自分を痛めつけたり、暴飲暴食などで物理的・精神的に自分を死に追いやることも、自殺に分類してもよいかもしれない。他人の命を奪うことも死に繋がる。

考察の方向性を変える。

宇宙のすべての存在は根源的にひとつであるという考えが根底にあると仮定します。

宇宙にとって必要だと思われることが、この世界で起こっている。そして、そのためにすべての存在が役割を担っている。

万が一、その役割が果たされる前に死を迎えたとしたら、それこそ死の罪というものではないだろうか。自分の役割は自分でしか気付くことができない。

自らの役割を果たす前に自ら放棄すること、他人の役割を果たさせないまま放棄させること、これらは同義だ。

我々に求められていることは、自分にしか出来ない役割を見つけること。それを揺ぎ無い信念と努力で成し遂げること。

それを成し遂げられたとき、あなたの生は結実し、宇宙のすべての存在と根源的にひとつになる。

広告