感情と共に歩む

毎日にように様々な感情がその身を駆け巡ります。

喜怒哀楽。ときには激情といえるような激しいものにもなります。
制御できない感情は、正常な判断力を喪失させるので、行動にも間違いが起きやすくなります。

これら感情は排除しようとしても排除できるものではありません。
感情は自分の一部でありますから、自分で自分を消すことはできないわけです。
ですから、この解決方法は、受け入れるしかありません。
自分は何らかの物事を受けて反応し感情が湧き上がった、と。
これは自分の内から湧き上がる性質なので抗うことは無意味です。
湧き上がる内容に善悪の性質はあるかもしれませんが、湧き上がること自体に善悪の性質は関係ありません。
ただ、湧き上がる。なので、湧き上がるということを認めるしか方法はないと考えます。

認めた後は、それが人の道に沿っているかを自分で判断し、その判断に従えばよいだけです。
沿っていれば受け入れて、沿っていなければ受け入れない。
そして、疑問があれば質問する、です。

広告