バックマスキング

いわゆるサブリミナルですね。

潜在意識に直接的に影響を与える技術で、バックワードマスキングとも表現されています。この技術は映像と音響で効果が倍増します。

潜在意識に影響を与える技術なので顕在意識を主体として生活する我々には気付き難い効果を持ちます。知らないうちに影響を受けている、といったものです。

技術の効果や影響の真偽は定かではないですが、理論としてこういうモノがあると知っていることは無駄にならないでしょう。

そして、その現象がどの方向性で効果を狙っているかを知ると、その効果の善悪に関わらず意識への影響を受容しつつ選択できる可能性がある、と僕は考えています。

とはいえ、わかっていながら地雷原に飛び込むのは懸命な判断とは言い難く。精神力は有意義な学びをしっかりと取捨選択する方向に使用した方がよいかと考えます。

広告

コールドリーディング

会話技法のひとつで、いかにも相手の心を読んでいるかどこかから啓示を受けているかのような錯覚を与える。

実際には、外観、挙動、文体、言動などを観察して、その結果から幅を持たせた言葉を選んで会話をしている。

回避方法は簡単。

これは勝手に自分でそう思い込んでしまう反応を利用しているので、そこは受容して、それを認めた上で、疑問点を質問していって具体的な説明を求めればよいです。

そうすれば、コールドリーディングだろうが何だろうが自分にとって有益な情報源に成りえます。

感情と共に歩む

毎日にように様々な感情がその身を駆け巡ります。

喜怒哀楽。ときには激情といえるような激しいものにもなります。
制御できない感情は、正常な判断力を喪失させるので、行動にも間違いが起きやすくなります。

これら感情は排除しようとしても排除できるものではありません。
感情は自分の一部でありますから、自分で自分を消すことはできないわけです。
ですから、この解決方法は、受け入れるしかありません。
自分は何らかの物事を受けて反応し感情が湧き上がった、と。
これは自分の内から湧き上がる性質なので抗うことは無意味です。
湧き上がる内容に善悪の性質はあるかもしれませんが、湧き上がること自体に善悪の性質は関係ありません。
ただ、湧き上がる。なので、湧き上がるということを認めるしか方法はないと考えます。

認めた後は、それが人の道に沿っているかを自分で判断し、その判断に従えばよいだけです。
沿っていれば受け入れて、沿っていなければ受け入れない。
そして、疑問があれば質問する、です。

二元性の調和

いま我々に必要なのは意思疎通を図ることですが、意思疎通のために会話を行うと争いが引き起こされる場合があります。

それは、意識・無意識に関係なく『争い』が人の本質だと語られてきた弊害です。さらに、個人の尊重という観念が歪められ、それの解決方法が、無関心、もしくは排除することであると教え込まれています。

価値観とは、自分の中にあるものです。それは善と言われるものであったり、悪と言われるものであったり。善と悪がブレンドされて、その位置が流動的であったり。固定化されることはありませんが、とにかく価値観は人により様々です。

善は悪が嫌いです。本質的に受け付けられない。悪は善が嫌いです。これも本質的に無理な話です。しかし、善は悪なしではありえず、悪は善なしではありえません。お互いがお互いを補完して、始めて成り立つ観念です。

どのような物事であっても、それを極めれば極めるほど、真実というのは明らかになってきます。方向性に関係なく善だろうと悪だろうと、極めれば真実が見えてきます。

悪を排除すれば、善は成り立ちません。
善を排除すれば、悪は成り立ちません。
善悪は共生しなければなりません。

本質的に違うものが共生を目指す場合、己が信じるものとは違う価値基準が必要です。それに『普遍的な根拠をもととする観念』と呼称を与えます。

『普遍的な根拠をもととする観念』を明らかに並べていくことによって、それを自分自身が理解することによって、気付くのです。

これは一見不可能のように感じますが、善悪の両方を持っている『人』は、すでに自分の中で共生を実現させています。

しかし、両方を持っている人同士は、まだ共生を実現できていません。我々が目指すべき課題はここです。

自分の問題解決方法を分析することにより、つまり内面を見つめることにより、現実という外部問題の解決への糸口が、概念として見つかるかもしれません。

意思疎通は、必ずしも『実際に会う』という行為をしなくても実現できるはずです。

意思疎通は、自分と相手が何らかのルールに従って明確になっていればよいだけです。

切抜帳20120526

たまには少し趣を変えて、斜め読みな感じで。

亀井静香氏の公式サイトは4月30日からお知らせ更新がなく、今は何をしているのだろうかと気になった。

先日に、静岡県島田市が受け入れた震災がれきからコンクリート混入が見つかった件。あれも岩手県からだったけれど、その辺りは置き去りか。

石川県加賀市の加賀温泉郷をPRするための宣伝費用に225万円を計上と。レディーガガ氏のアレ的行動には方々から横槍が入るのが常だけれど、こちらのレディーカガは何ら問題はないと。てか、税金投入先に駄洒落でよいのかい?

大阪市内ではあるが、いろいろと飛び火してるね。

長期的には原発は廃止だとかなんとか枝野経済産業大臣は発言していたような。また発言を撤回しなきゃいいが。

震災がれきを活用しているとこは活用している。

意見の相違から関係が疎遠になるのはナンダカ悲しいな。

ステテコという名称を変えたほうがよいのではなかろうか。

相変わらずというか、さすがというか、民主党は論点を外してくるね。

大阪維新政治塾は次のステップへ

国政への期待もあるだろうが、選挙へ立候補する最終ステップは、受講予定の12月を終えて、来年のこと。
その前の一次関門といったところか。

維新塾は今年3月24日開講。受講生は山形県を除く46都道府県と国外から集まり、社会保障、税制、外交・安全保障などの講義を受講した。6月上〜中旬に約800〜1000人まで選抜、同23日に第2クールを始める。

後述のような記事をみる限り、理想だけでは飯は食えぬといった風で、選挙資金を中心に選抜が行われるのかな。

維新は、今月26日の講義終了後、国政への意欲や、1000万円前後は必要とされる選挙資金を用意できるか、選挙区の希望などを聞き取る面接調査を実施。これまでの論文や人物評価などとあわせ、次期衆院選に向けた候補者として、「地域性や能力面で偏りがないよう、バランスよく選抜したい」(維新幹部)としている。

別の記事で、

こうした選挙資金の話題について、大阪市の男性会社員は「金の話ばかりで、正直がっかりした」。周囲には維新の「風」頼みと話している受講生も多かったといい、これまでの塾の講義内容についても「本で読んだことの繰り返し」と痛烈に批判した。

さらに別の記事で、

一方、塾の方向性に違和感を抱く人もいる。コンサル関係の仕事に就いている男性は「受講生は全体的に保守の色が強い」と指摘。所属する班のグループディスカッションでは「徴兵制」がテーマとなり、25人中20人が「賛成」と答えたという。「体制を変えたいという橋下市長には共感するが、選挙で大勝したら日本はどうなるのか」と戸惑う。また、東京都の男性は「1班が20〜25人で、発言も1人1分で議論なんてできない。期待していた人には納得いかないのではないか」と運営に不満を漏らした。

日本で小選挙区から立候補すると想定して、供託金は300万円。

後は、選挙運動。知名度をあげるための認知活動費用か。

選挙運動を安く上げるならば、ウグイス嬢も選挙カーも使わず、自転車や徒歩などで選挙区域をまわって立候補者自らで演説を行う、といった風になるだろうが、そんな手法は採用しないのだろう。

どのような手法を想定しているのかはわからないが、700万をかけて、大阪維新政治塾の名のもとにそこそこな選挙運動をさせるということか。

しかし、そこまで用立て出来る人材は、限られる気がするが。

なんだか、資金に余裕がある者しか政治家に成れないことを浮き彫りにしているだけのような気がするな。

[報道]

大阪維新の会:維新塾の2000人、衆院選候補へ選抜 逸材集団か、即戦力1割か- 毎日jp(毎日新聞)

[参考]

供託金 – Wikipedia

【激動!橋下維新】維新政治塾「受講生」を面接 「金の話ばかり」の声も(1/3ページ) – MSN産経west

【激動!橋下維新】維新政治塾が正塾生800~1000人を選抜 – MSN産経ニュース

維新政治塾:参加者に評価と落胆 神髄に触れた/人多過ぎ- 毎日jp(毎日新聞)

大阪維新の会 | 「維新政治塾」塾生募集のご案内

天変地異の考察

しばしば予言を行う者がいます。それは、この世界が進む可能性をイメージとしてみることが出来る能力を持った人です。わかるのはイメージとしてですから、その表現方法や度合いは預言者の表現力に依存します。

ときには恐ろしく正確な予言を行う者もいて、その正確さゆえに、そのあまりの恐ろしさゆえに、その知っているという責任に耐え切れず、情報公開という道を取ってしまいます。

しかし、その予言がいくら正確であっても、いや、正確であればあるほど、それを回避することは困難であるのです。

宇宙のすべての存在は根源的にひとつであるという考えが根底にあると仮定します。そうすると、この世の出来事すべては、宇宙の意志ということになります。

つまり、世界的な天変地異が起きるからといって、それを回避する、生き残るために何かに執着する、というのはまったく意味がないことに気付きます。

そして、それが来るからといって、絶望を感じる必要はありません。我々は根源的にひとつですから、本来の意味で、その意志は我々を傷つけるのが目的ではありません。何の意味もなく自分で自分を傷つけるようなことはしません。宇宙にとって必要だと思われることが、この世界で起こっているだけです。

ですから我々に必要なことは、正確な予言を熱望するのではなく、何が起こっても宇宙の意志であるという考えをもち、人の道を忘れず、日々の生活を営むことです。