大飯原発再稼動と関西広域連合

TBSの記事から、

関西電力・大飯原発の再稼働について、大阪市の橋下市長は「うわべばかり言っていてもしかたがない。建て前論ばかり言っても。事実上の容認」と理解を示しました。

別の記事では、「敗北」だとか「負けた」だとか、そんなコメントを前面に出した見出しもみられる。が、そっちの見出しは、なんだか安易だな。

上り調子の橋下市長の停滞がアピールできて、その方が食い付きがよいとの判断だろう。

橋下市長ばかりがクローズアップされているが、当然、大飯原発の再稼動に反対していたのは、橋下市長ばかりではない。

でも、反対派が現状利用できる手段で主張して、やれる対策を打って、そうした結果、大飯原発の再稼動を覆すことが出来なかった。

それだけのこと。

これは現実なのだから受け入れるしかない。

受け入れて、次に利用できる手段を探し、次の対策へ向けて歩き出すしかない。

[報道]

「橋下市長、大飯再稼働「容認」の背景」 News i – TBSの動画ニュースサイト

[参考]

橋下市長:大飯再稼働容認で“敗北宣言”- 毎日jp(毎日新聞)

朝日新聞デジタル:大飯原発再稼働バトル「負けた」 橋下市長 – 政治

広告

コメントを残す(メールアドレス、名前、ウェブサイトは任意入力)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中