神宮の英訳をShinto Templeにしたい意向のようだが

伊勢神宮の式年遷宮を迎えるにあたって、英語表記を改めたいと。

観光客も多くなるとの見込みからだろうか。

地図には、現時点で「sanctuary」と記載している模様。

とても切実な思いが綴られていて、日本の文化を真剣に考えている記事だなと読み進めていたわけだが、最後に、二人の人物からコメントが寄せられていて、なぜか締めにデーブスペクター氏のコメント。

もう、なんというか、こんなに真面目な記事にデーブスペクター氏と名を聞いてしまうと、その場違いさに、若干吹き出しそうになるのだからある意味凄い。

失礼にも程がある僕の印象であるのだが、駄洒落好きにも程がある人物であるからして、誰がその印象を責めようか。

でも、さすがに、切実に語り尽くして3ページ、その最後を飾るこのタイミングでまさかねと。

だが、どのような場所でも攻めるデーブスペクター氏の姿勢は、やはり素晴らしく。期待を裏切らない人物であった。

いつか、Shinto Templeという文字を見れば、反射的にデーブスペクター氏を思い出してしまそうな程に。

こんな性質の記事に、そんな全力を出させて、デーブ氏はいつものことでよいにしても、記者は大丈夫なのかと心配をしてしまう。

が、それも無用な心配というものか。

こんなコメントを最後に持ってくるあたり、記者の確信犯に違いない。

[報道]

伊勢神宮:英訳は「Shinto Temple」に?- 毎日jp(毎日新聞)

[参考]

遷宮 – Wikipedia

伊勢神宮式年遷宮広報本部 公式ウェブサイト

Isejingu

広告

コメントを残す(メールアドレス、名前、ウェブサイトは任意入力)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中