シリア情勢に展望はあるのか

記事には、

ただ、政治的移行は「シリアの主権下でシリア人自身が取り組むべきだ」と明記され、政権移行で欧米諸国の介入を拒否するロシアの意向が反映されるなど、アサド大統領の早期退陣を求める米国と、これに反対するロシアとの溝は埋まらなかった。

オリンピック開催が近付いているなか、このまま睨み合いのポーズで放置というのは、状況的に厳しいだろうな。

この火種をどう終息させていくだろうか。

[報道]

対シリア、溝埋まらず…米露大統領が会談 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

[参考]

シリア停戦監視団が活動を一時停止、戦闘激化で : 中東 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

CNN.co.jp:米ロ首脳、シリア情勢を協議 「暴力の終結が必要」

CNN.co.jp:シリアで暴力激化、町に戦車80台が入り砲撃か

広告

コメントを残す(メールアドレス、名前、ウェブサイトは任意入力)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中