来週6月27日水曜日に関西電力の株主総会

記事より、

電力9社の総会は27日。東京電力では、実質国有化や経営陣を刷新する議案のほか、柏崎刈羽原発(新潟県)の廃炉を求める株主提案議案などの行方が注目点。政府が大飯原発(福井県)の再稼働を正式決定した関西電力の総会には、株主の大阪市などが「速やかな全原発廃止」を求める議案を提案しており、活発な議論が予想される。

電力会社は一斉に株主総会。

荒れ模様になるかと思ったが、最近の状況を考えると、どうにも予定調和になりそうだ。

[報道]

株主総会:週明け以降ピークに 電力や不祥事企業に注目- 毎日jp(毎日新聞)

[参考]

橋下氏が関電、猪瀬氏は東電…株主総会大荒れか : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

関西電力はさも当然の如く原子力発電を推進

小沢氏と離党と新党と

記事から、

小沢氏の離党は、その戦略の破綻を意味する。輿石氏はこの日、同党議員に聞かれても「小沢さんは離党なんてしない」と繰り返した。

どうだかね。

[報道]

小沢新党に冷淡・警戒感…大規模再編引き金に? : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

[参考]

小沢氏、やはり「壊し屋」?新党3つ作ったが… : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

衆院採決日程を確定させるかウヤムヤか

衆院採決日程で意見が割れているようで、

民主、自民、公明3党の幹事長は21日午前、国会内で会談し、消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革関連法案の衆院採決日程について協議した。民主党は党内の了承手続きの遅れから当初目指した21日の採決を断念。会期を9月8日まで79日間延長した上で、今月26日の採決を求めているが、自公両党は22日の採決が確約できなければ会期延長に応じられないとの立場を強く主張した。

など。

民主党内のゴタゴタが影響しているのだろうな。

別の記事、

民主党執行部内には、党分裂を回避するため厳重注意などの軽い処分にとどめるべきだとの声がある。ただ、小沢グループの一部メンバーからは「処分の内容にかかわらず離党する」との強硬論も出ている。

タイミング的には、今週の何処かになりそうか。

[報道]

【消費税増税】採決日程で攻防 3党幹事長が協議 会期79日間延長へ – MSN産経ニュース

[参考]

【小沢氏造反】新党選択肢に協議 小沢氏と支持グループ 増税法案で反対確認 – MSN産経ニュース

小沢氏、離党を示唆 民主分裂の危機 「消費税増税」法案に造反表明 – MSN産経ニュース

四国電力の伊方原発で再稼動の要望

記事より、

山下町長は20日、定例町議会の冒頭あいさつで伊方再稼働に言及した。「条件を整えた上での再稼働は必要」とした18日の知事発言を取り上げ、「伊方原発を町が誘致した経緯や、町内での雇用や経済を大きく支えてきた経緯を考慮すると、知事発言を否定する理由はない」と述べた。また、大飯3、4号機以外の再稼働判断を新しい原子力規制組織の発足後とする政府方針にも触れ、「町内の雇用や経済活動への影響が大きくなる。国の速やかな判断に期待し、待つしかない」と述べ、国の対応を促した。

まあ、関西電力の大飯原発だけ特別に稼動、というのは納得できないのだろうな。

[報道]

伊方原発:町長、再稼働に改めて前向き見解- 毎日jp(毎日新聞)

シリア情勢に展望はあるのか

記事には、

ただ、政治的移行は「シリアの主権下でシリア人自身が取り組むべきだ」と明記され、政権移行で欧米諸国の介入を拒否するロシアの意向が反映されるなど、アサド大統領の早期退陣を求める米国と、これに反対するロシアとの溝は埋まらなかった。

オリンピック開催が近付いているなか、このまま睨み合いのポーズで放置というのは、状況的に厳しいだろうな。

この火種をどう終息させていくだろうか。

[報道]

対シリア、溝埋まらず…米露大統領が会談 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

[参考]

シリア停戦監視団が活動を一時停止、戦闘激化で : 中東 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

CNN.co.jp:米ロ首脳、シリア情勢を協議 「暴力の終結が必要」

CNN.co.jp:シリアで暴力激化、町に戦車80台が入り砲撃か

ギリシャ再選挙の行方

ユーロを離脱か残留かが今後のEUを大きく左右するのは間違いなく、影響は、EUのみならず、世界に波及する。

で、その選挙結果がどうだったかというと、

これを受けて「新民主主義党」のサマラス党首がアテネ市内で勝利宣言を行い、「選挙の結果は、ギリシャ国民がユーロ圏とヨーロッパにとどまる選択をしたことを示しており、われわれは今後、政権を樹立させ、ギリシャの信頼を回復していく」と述べ、選挙戦での公約通り、緊縮策を継続していく考えを強調しました。
一方、「急進左派連合」のツィプラス党首は選挙での敗北を認めたうえで、「われわれは緊縮策に反対する国民の代表として、野党に残り今後も政府を監視していく」と述べました。
ただ、「新民主主義党」が第1党になっても、現時点の予測議席数は130議席にとどまり、全議席の過半数には及ばないことから、今後はほかの政党と行われる連立協議で、緊縮策を継続する安定した政権を発足させることができるかが焦点となります。

どちらかといえば、EU残留派が優勢で進捗中といったところか。

連立協議の仕組み

ギリシャの議会選挙では、いずれの政党も過半数を獲得できなかった場合、大統領が選挙で第1党となった党首に対し連立協議を主導する権限を与えます。
協議をまとめるために与えられる猶予は3日間で、まとめられなかった場合は、憲法に基づいて第2党、第3党の党首が順番に協議を主導します。3党とも連立政権の発足に失敗した場合は、大統領の要請で、議会内のすべての政党が参加する選挙管理内閣を作ったうえで議会を解散して30日以内に再選挙を行うと定められています。
ギリシャの憲法では、再選挙の回数を制限する決まりはないため、今回の選挙でも単独で過半数を獲得する政党がなく、さらに連立協議が物別れに終われば、3度目の選挙が行われる可能性もあります。

要するに、ギリシャ内で話がまとまらなければ、再々選挙が始まりますよと。

今までのギリシャに関わるゴタゴタ具合を考えれば、今すぐに混乱が収まる、とはいかなさそうだ。

[報道]

ギリシャ再選挙 緊縮派が勝利宣言 NHKニュース

ベルリンにおける謎の森人

16日の記事、

男は、昨年9月にベルリン市役所に現れ、「レイ」と名乗り、年齢は17歳で、過去5年間森の中で暮らしていたと語った。そこでドイツ警察は写真の公開に踏み切った。公開後間もなく、女性の知人が写真を見て、オランダのテレビ局に通報。そしてテレビ局がオランダ警察に知らせ、オランダ警察がベルリン当局に通知した。

2日前の14日の記事には、

ベルリン警察はこれまで数カ月かけて捜査を行い、国際刑事警察機構(インターポール)を通じて身元の特定を試みたが手がかりは得られなかった。今回、少年の話は信憑性(しんぴょうせい)に疑問があると判断して、写真などの公開に踏み切った。

ベルリン警察の疑念は、正解だったということか。

しかし、その青年、1年近く偽者を演じていたなんて、もう、自分からはどうにも出来ない状況だったろうな。

[報道]

CNN.co.jp:「森から来た謎の少年」の話はでっちあげ 独警察

[参考]

CNN.co.jp:森の中から現れた謎の少年、警察が情報提供呼びかけ 独