小沢氏と離党と新党と

記事から、

小沢氏の離党は、その戦略の破綻を意味する。輿石氏はこの日、同党議員に聞かれても「小沢さんは離党なんてしない」と繰り返した。

どうだかね。

[報道]

小沢新党に冷淡・警戒感…大規模再編引き金に? : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

[参考]

小沢氏、やはり「壊し屋」?新党3つ作ったが… : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

広告

衆院採決日程を確定させるかウヤムヤか

衆院採決日程で意見が割れているようで、

民主、自民、公明3党の幹事長は21日午前、国会内で会談し、消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革関連法案の衆院採決日程について協議した。民主党は党内の了承手続きの遅れから当初目指した21日の採決を断念。会期を9月8日まで79日間延長した上で、今月26日の採決を求めているが、自公両党は22日の採決が確約できなければ会期延長に応じられないとの立場を強く主張した。

など。

民主党内のゴタゴタが影響しているのだろうな。

別の記事、

民主党執行部内には、党分裂を回避するため厳重注意などの軽い処分にとどめるべきだとの声がある。ただ、小沢グループの一部メンバーからは「処分の内容にかかわらず離党する」との強硬論も出ている。

タイミング的には、今週の何処かになりそうか。

[報道]

【消費税増税】採決日程で攻防 3党幹事長が協議 会期79日間延長へ – MSN産経ニュース

[参考]

【小沢氏造反】新党選択肢に協議 小沢氏と支持グループ 増税法案で反対確認 – MSN産経ニュース

小沢氏、離党を示唆 民主分裂の危機 「消費税増税」法案に造反表明 – MSN産経ニュース

ギリシャ再選挙の行方

ユーロを離脱か残留かが今後のEUを大きく左右するのは間違いなく、影響は、EUのみならず、世界に波及する。

で、その選挙結果がどうだったかというと、

これを受けて「新民主主義党」のサマラス党首がアテネ市内で勝利宣言を行い、「選挙の結果は、ギリシャ国民がユーロ圏とヨーロッパにとどまる選択をしたことを示しており、われわれは今後、政権を樹立させ、ギリシャの信頼を回復していく」と述べ、選挙戦での公約通り、緊縮策を継続していく考えを強調しました。
一方、「急進左派連合」のツィプラス党首は選挙での敗北を認めたうえで、「われわれは緊縮策に反対する国民の代表として、野党に残り今後も政府を監視していく」と述べました。
ただ、「新民主主義党」が第1党になっても、現時点の予測議席数は130議席にとどまり、全議席の過半数には及ばないことから、今後はほかの政党と行われる連立協議で、緊縮策を継続する安定した政権を発足させることができるかが焦点となります。

どちらかといえば、EU残留派が優勢で進捗中といったところか。

連立協議の仕組み

ギリシャの議会選挙では、いずれの政党も過半数を獲得できなかった場合、大統領が選挙で第1党となった党首に対し連立協議を主導する権限を与えます。
協議をまとめるために与えられる猶予は3日間で、まとめられなかった場合は、憲法に基づいて第2党、第3党の党首が順番に協議を主導します。3党とも連立政権の発足に失敗した場合は、大統領の要請で、議会内のすべての政党が参加する選挙管理内閣を作ったうえで議会を解散して30日以内に再選挙を行うと定められています。
ギリシャの憲法では、再選挙の回数を制限する決まりはないため、今回の選挙でも単独で過半数を獲得する政党がなく、さらに連立協議が物別れに終われば、3度目の選挙が行われる可能性もあります。

要するに、ギリシャ内で話がまとまらなければ、再々選挙が始まりますよと。

今までのギリシャに関わるゴタゴタ具合を考えれば、今すぐに混乱が収まる、とはいかなさそうだ。

[報道]

ギリシャ再選挙 緊縮派が勝利宣言 NHKニュース

消費税増税関連法案にみられる側面

記事より引用、

首相は自民党との協力にかじを切り、21日の会期末までの衆院採決に突き進む。採決を先送りさせ、9月の代表選で野田佳彦首相の退陣を迫るグループの基本戦略は破綻しつつある。グループ幹部は「誤算だった。自民党がここまで妥協するとは思わなかった」と語る。

与党内のマッチポンプを演出するのかと思ったが、今回は少し様子が違うようだ。

別の記事で民主党側、

岡田克也副総理は15日の記者会見で、鳩山由紀夫元首相が超党派の国民集会などで消費税増税関連法案への反対を訴えていることに対し、「民主党として手続きを経てまとめてきたので、ご意見は党の中で言っていただくべきだ」と不快感を示した。

別の記事で自民党側、

消費税増税に慎重な自民党衆院議員でつくる勉強会「消費税増税を考える会」の会合が15日、国会内で開かれ、消費税増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連法案の修正協議に臨む党執行部への批判が相次いだ。

別の記事で石原都知事、

社会保障・税一体改革関連法案の採決を巡って民主党が混乱した場合、衆院解散となる可能性があるとみて、選挙準備を加速させる構えだ。橋下徹大阪市長が率いる地域政党・大阪維新の会との連携も視野に入れる。石原氏は14日、平沼氏のほか、たちあがれ日本の園田幹事長、亀井静香前国民新党代表と都内で会談し、こうした方針を確認した。

誰が撒いているのか、色々な所に色々な火種があるようで。

どう展開するのやら予想が付かず。

しかし、三すくみヨロシクで動きが取れないなんて展開だけは止めて欲しいね。

[報道]

小沢グループ:「数の力」頼みに焦り- 毎日jp(毎日新聞)

[参考]

岡田副総理、鳩山氏の「増税反対」に不快感 – MSN産経ニュース

自民・増税慎重派 執行部批判相次ぐ – MSN産経ニュース

石原知事ら選挙準備加速…「たちあがれ」母体に : 衆院選 : 選挙 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

国政進出に消極的でよいのではないかと橋下徹市長

毎日の記事から、

大阪維新の会代表の橋下徹・大阪市長は8日、「大阪都構想」の実現に向けた法案が今国会で成立した場合について、「(国政進出は)積極的に考える必要はないんじゃないかと思う」と述べ、維新が次期衆院選に候補者を立てない可能性を示唆した

国政に乗り出すために、船中八策ならぬ維新八策を練り上げていたはずだが、どうした方向転換か。

先日に原発再稼動がほぼ確定し、反対派の急先鋒といえる立場だったゆえにヤンヤヤンヤと言われているだろうが、そんなことでダメージを受けるほどヤワでもあるまいに。

何かの懐柔策か、それとも、27日に控えている関西電力の株主総会への布石か。

意図が何処にあるにせよ、維新政治塾を立ち上げておいてこの発言というのは、塾生にしてみれば、居心地が悪かろう。

[報道]

橋下市長:都構想法案成立なら、「維新国政進出必要ない」- 毎日jp(毎日新聞)

[参考]

維新、日本をどう洗濯? 「船中八策」概要公表へ+(1/3ページ) – MSN産経ニュース

ニューヨーク州で匿名のネット発言を禁止する法案提出

記事から、

ニューヨーク州議会の上下両院で提出されている法案は、ニューヨーク州に基盤を置くブログや新聞、ソーシャル・ネットワーク、掲示板などのウェブサイトに対し、「匿名の投稿者が投稿に自分の名前を付けることに同意しない限り、サイト上のそのような投稿者のコメントをすべて削除する」ことを求めている。
同法案を提案したトーマス・オマラ上院議員(共和党)は、この法案は「インターネット時代に説明責任をもたらす」ことに役立つと述べている。ジム・コンテ下院議員(共和党)は、この法案によって「卑劣で根拠のない政治的攻撃」が減り、「強制的に身元を明らかにさせることによって、サイバーいじめに注目が集まるようになる」と述べている。
(中略)
この法案についての採決はまだ行われていないが、表現や思想の自由を保障する米国憲法修正第1条が廃止されない限り、たとえ可決されたとしても、この法案が憲法審査を通る見込みはないだろう。

引用にあるように、別口の憲法により、この法案が通る見込みはないだろうという落ちを付けた記事だが、こんな法案を提出する政治家が存在するというのがナントモ。

ネットに限らず、コミュニケーションにおける問題点の多くは、人の倫理性が原因であるはずだが、その根本的な改善は棚上げされて、こんな対処療法的なその場しのぎの手法を採用しようとする意図は、一体どこにあるのだろうか。

体の良い言葉を付けて、本当は、検閲や弾圧をやり易くする意図があるように邪推してしまう。

[報道]

匿名のネット発言を禁止する法案:ニューヨーク州 – MSN産経ニュース

[参考]

「ネットに匿名性は不可欠」――総務省 – ITmedia ニュース

匿名 – Wikipedia

大阪都構想の協議を近々に予定と

記事から、

橋下徹大阪市長が掲げる「大阪都」構想の実現に向け、民主党は、国の関与を当初案より縮小した法案を今国会に提出する方針を固め、近く野党との協議に着手する。
これに対し、橋下氏は、既に国会提出された自民・公明両党案などとの一本化を求める構えだ。与野党が歩み寄れるかどうかが法案の成否を左右しそうだ。
(省略)
既成政党がそろって法案に協力する姿勢を示すのは、橋下氏が率いる地域政党「大阪維新の会」の国政進出が取りざたされる中、次期衆院選をにらみ維新の会との関係をこじらせたくないとの思惑がある。

本当に「こじらせたくないとの思惑」があるのならナントモ日和見的過ぎるが、実際のところ、自分達の「政治」に使える接点を作り出している最中と。

大阪維新政治塾は2歩目を進めたが、その本体に絡むシタタカな人々の歩みは、いま、何歩目を進めているのだろうか。

[報道]

橋下「大阪都」一本化、国関与で与野党隔たり : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

[参考]

ダブル選挙近づく大阪―「都構想」で儲かって活性化するのか – Japan Real Time – jp.WSJ.com

大阪都構想 – Wikipedia