尖閣諸島は元々から日本の領土と李登輝元総統

昔から一貫した発言をしている。

別の記事、

2010年9月に起きた尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船と中国の漁船が衝突した事件について、日本政府が漁船の船長を釈放したことを「きわめて遺憾だ」と語った。

この時にも尖閣諸島は日本の領土だと語っている。

穏やかではない台湾で活動しつつもこういった発言を繰り返すその一貫性に、時々、外圧は大丈夫なのかなと心配になるほどに。

[報道]

李登輝元総統、中国の学生に「尖閣は日本領」 台湾の講演で – MSN産経ニュース

[参考]

「尖閣諸島は日本の領土」、李登輝元総統が改めて言及―台湾

広告