なんとも鳩山氏的発言といったところか

記事には、

鳩山元首相も、大阪市での会合で、再稼働について「福島の原発事故の原因もすべて判明しているわけではない。しっかり検証が出来て、対策も大丈夫だというまで待った方がいいのではないか」と語った。

いまさらなコメントというか。

具体的な対案もなく、待った方がよいなんて、なんてお気楽な発言だろうか。そんなことなら誰でも言える。

[報道]

鳩山氏、大飯再稼働「待った方がいいのでは」 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

大飯原発再稼動と関西広域連合

TBSの記事から、

関西電力・大飯原発の再稼働について、大阪市の橋下市長は「うわべばかり言っていてもしかたがない。建て前論ばかり言っても。事実上の容認」と理解を示しました。

別の記事では、「敗北」だとか「負けた」だとか、そんなコメントを前面に出した見出しもみられる。が、そっちの見出しは、なんだか安易だな。

上り調子の橋下市長の停滞がアピールできて、その方が食い付きがよいとの判断だろう。

橋下市長ばかりがクローズアップされているが、当然、大飯原発の再稼動に反対していたのは、橋下市長ばかりではない。

でも、反対派が現状利用できる手段で主張して、やれる対策を打って、そうした結果、大飯原発の再稼動を覆すことが出来なかった。

それだけのこと。

これは現実なのだから受け入れるしかない。

受け入れて、次に利用できる手段を探し、次の対策へ向けて歩き出すしかない。

[報道]

「橋下市長、大飯再稼働「容認」の背景」 News i – TBSの動画ニュースサイト

[参考]

橋下市長:大飯再稼働容認で“敗北宣言”- 毎日jp(毎日新聞)

朝日新聞デジタル:大飯原発再稼働バトル「負けた」 橋下市長 – 政治

関西広域連合の会合における大飯原発再稼動議論

関西広域連合の会合記事にて。

大阪府松井知事、

大阪府の松井知事は「安全基準が暫定的だということは、それに基づく安全対策も万全ではないということなのに、運転を再開させるのか」と述べ、政府の姿勢を批判しました。

といった発言に、細野大臣、

細野大臣は「原発にもはや万全ということはありえない。常に新しい知見に基づいて、高いレベルの対策を満たしていくというのが政府の考え方だ」と答えました。

そして、大阪市橋下市長、

また、大阪市役所からテレビ会議のシステムを利用して参加した橋下市長も、仮に運転を再開するにしても期間を限ることを検討すべきではないかとただしました。

その返しに細野大臣、

細野大臣は「時期を限っての運転は考えていないが、原子力規制庁の下で新たな安全基準を作り、大飯原発も再評価する。その再評価の結果おかしいということなら使用停止も含めた厳格な措置を取る」と答えました。

細野大臣の発言は一貫している。

別の記事で枝野大臣が、

枝野幸男経済産業相は29日の閣議後記者会見で、橋下徹・大阪市長が関西電力大飯原発の夏だけの再稼働に言及したことに対し「万が一の場合に一番影響の大きい(地元の)福井県やおおい町の皆さんに提起することはとてもできない」と否定的な考えを明らかにした。
橋下氏は19日、大阪市で開かれた関西広域連合で、細野豪志原発事故担当相らに対し、期間限定の再稼働を提案。これに対し、枝野氏は「『安全ではないかもしれないが、本当に足りない時は動かす』と受け取られかねない」と述べ、橋下提案は地元に理解されないとの認識を示した。

と発言していたのとも合致していて、珍しくというか、政府見解は一致しているようだ。

受け答えだけ抜き出すと、細野大臣や枝野大臣の言い分の方がまともにみえてくる。

しかし、実際のところは、松井知事も橋下市長も政府も、それぞれの立場とお互いの言い分の落とし所を探っていわけで、そんな最中の一部の会話だけを抜き出しても仕方ない。

でも、夏という期限を設定している限りは、部分が焦点となるのもまた仕方ない。

とはいえ、福島原発事故の対処不能状態と事態収束の目処がいまだに見えない状況を考えれば、原発稼動の議論を行っていること自体が、すでにまともじゃないことなんだろうな。

[報道]

大飯原発 知事の対応分かれる NHKニュース

[参考]

大飯原発:夏だけ再稼働の橋下案に否定的 枝野経産相- 毎日jp(毎日新聞)

大飯原発再稼動を判断するしかるべき時とはいつだろう

記事から、

大飯原発の再稼働について、「真夏になってからの判断では、企業も色々準備がある。福井県の考えをよく聞き、周辺自治体にも説明しながら、しかるべき時に判断したい」と語った。

5月中に結論を出さないと、準備が間に合わないのだが、野田首相の胸中には、消費税増税しかないような気がしないでもない。

[報道]

大飯原発再稼働「しかるべき時に判断」と首相 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

[参考]

大飯再稼働、関西圏の慎重論に苦言…福井知事 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

大飯原発を再稼動するとして最終決断はどこが担うのだろうか « ゆるコンタ

大飯原発再稼動をおおい町議会が容認

原発の町としてのおおい町の判断か。

安全性と経済効果を天秤にかけて、地元の財政に直結する問題でもあり、経済を取ると結論付けたのか。

しかし、事故発生時の影響範囲が大きいだけに、すでに、地元の決断だけで事態が動くわけでもないだろう。

様々な立場で思惑があるだろうが、結論の有無に関わらず、懸念している夏の電力需要はあと数ヶ月と迫っている。

[報道]

大飯原発再稼働、おおい町議会が容認 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

[参考]

脱原発:「首長」が経産省に申し入れ- 毎日jp(毎日新聞)

電気事業連合会会長が曰く「早く再稼働できるよう最大限努力する」

記事によれば、

「電力の安定供給にあたり、原発は今後も大変重要な電源だ。安全性の確保に全力で取り組み、立地地域や社会の信頼回復に努めて、早く再稼働できるよう最大限努力する」

と。

そりゃ、会の立場としては、再稼動ありきで事を進めようとするだろうね。そういう会なのだから。

例えば、以前に発足した『脱原発をめざす首長会議』などは、こういった原発推進派を呼んで、議会という仕組みの中で議論をすれば、新しい展望が開けるだろうに。

賛成派、もしくは、反対派、一方の派閥だけで集まるだけでは、いつまで経っても調和は生まれない。

[報道]

電事連会長「原発再稼働に最大限努力」

[参考]

電気事業連合会 – Wikipedia

電気事業連合会

原子力ロビー「電気事業連合会」の力と実態

資源エネルギー庁 コスト等検討小委員会

原子力発電所運転実績 | 一般社団法人 日本原子力技術協会

駄々っ子なんていう表現は気持ちよいものではないな

気に入らないからと揶揄する発言を行っていったい何が進展するというのだろう。

相手に求めるだけの一方的な要求が何を生み出すというのだろう。

関電の報告を指摘するにしても、双方で歩み寄る努力をしているのだろうか。

[報道]

福井・大飯原発:再稼働問題 関西広域連合委、夏の節電でPT設置 知事「駄々っ子のよう」、関電に戦略要求 /滋賀- 毎日jp(毎日新聞)

[参考]

大飯再稼働:「原発か節電か」橋下市長が住民に選択訴え- 毎日jp(毎日新聞)

科学的知見のない大飯安全宣言

どんな検証報告や統計データを参考にしたのかは不明だが、一切の分析を考慮しなかったというわけではないだろう。

ただ、それらを踏まえても、政治的判断を優先して安全としたということか。

政府として意図する本当の理由を指し示すことをせず、指摘されると崩れ去る脆弱な安全宣言を発表することを選択したと。

何をおいても政治的判断が優先されたのならば、橋下氏から提出された8提案も受け取ったという実績を作るだけで、内容の議論まで及ぶかは怪しくなる。

神戸市が8提案の検討を進めているが、途中経過では一部の提案は支持しない模様。

それは、それぞれの立場というものを反映してのことだろう。

大飯原発の再稼動を進めるのならば、8提案を検討して、そこに国としての立場を反映して欲しいものだ。

[報道]

橋下市長「国民はだまされるな」…大飯安全宣言 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

大飯安全宣言、絶対おかしい…8提案の橋下市長 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

[参考]

大阪市の全原発廃止案、神戸が共同提案見送りへ : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

大飯、京都・滋賀知事から理解得られず…経産相 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

大阪府市エネルギー戦略会議のがの再稼動8条件を政府へ提案

8提案とは、第5回大阪府市エネルギー戦略会議で議論された8条件のこと。

大阪市のホームページには、大阪府市エネルギー戦略の会議内容が記載されていて、そこで公開されているPDF資料『(追加資料)原発再稼働に関する八条件』で8条件が確認できる。

【原発再稼働八条件】

以上の「根本的に欠落している論点」を踏まえた上で、次の「八条件」を満たすことが原発再稼働の前提条件であると考える。

  1. 国民が信頼できる規制機関として3条委員会の規制庁を設立すること
  2. 新体制のもとで安全基準を根本から作り直すこと
  3. 新体制のもとで新たな安全基準に基づいた完全なストレステストを実施すること
  4. 事故発生を前提とした防災計画と危機管理体制を構築すること
  5. 原発から100キロ程度の広域の住民同意を得て自治体との安全協定を締結すること
  6. 使用済み核燃料の最終処理体制を確立し、その実現が見通せること
  7. 電力需給について徹底的に検証すること
  8. 事故収束と損害賠償など原発事故で生じる倒産リスクを最小化すること

この資料には、『そもそも論』という条項も記載されている。

【そもそも論】

現在、政府が原発再稼働を検討する以前に、根本的に欠落している論点があるので指摘しておく。

  1. 「次のフクシマ」級の原発事故が起きた場合には、日本を滅ぼすという危機感が欠けているのではないか。
  2. 政府や国会に設置された事故調査委員会の報告も行われておらず、原発事故原因が究明されていない状況では、再稼働の検討はできないのではないか。
  3. 原発事故は当事者の東電だけでなく、原子力安全・保安院と原子力安全委員会には「安全規制の失敗」が免れないのではないか。だとすれば、現在の再稼働の手続きは、いわば「A級戦犯」が進めている構図にならないか。
  4. 原発が十分な安全性を持つかどうかは、信頼に足る専門家が客観的・中立に判断すべきであり、政治家がそれを判断するというのは「間違った政治主導」ではないか。

非常に明快であり、理解が容易い論点。

先の『原発再稼働八条件』が提案できたのは、これら見解を議論の出発点に定めていたからだろうと納得できる。

停止中の原発は大飯原発だけではない。例えば、島根原発では、視察といった動きがみられる。

島根原発に限らず、原発再稼動は、停止中の原発すべてに関わる議論だ。

根拠がよくわからない安全安心を連呼する手法と比べるまでもないが、これらを論点として進めることの方が、よほど現実的な再稼動議論といえる。

[報道]

橋下市長:大飯再稼働で8提案 政府説明で上京へ- 毎日jp(毎日新聞)

[参考]

大阪市市政 大阪府市エネルギー戦略会議の開催概要

時事ドットコム:大阪の提言精査=藤村官房長官

時事ドットコム:21日に島根原発視察=平井鳥取知事

大飯原発の再稼動協議に議事録未作成

大飯原発再稼動の政治判断を下す重要な協議なはずだが、今回も議事録は未作成。

議事録がないということは、誰が何を根拠にどう判断したのかという経緯がまったく不明ということで。

以前にも会議の議事録が作成されていなかった件に関して野田首相は、

原子力災害対策本部が議事録を作成していなかった問題について「記録を残すという認識が不十分だった。誠に遺憾だ」

という発言を行った。

いったいどの辺りを遺憾と考えていたのだろう。

[報道]

大飯再稼働:閣僚会合での協議「議事録なし」- 毎日jp(毎日新聞)

[参考]

政府・民主三役の議事録は「ない」 民主党の輿石東幹事長 – MSN産経ニュース

【参院代表質問】「記録残す認識、不十分だった」 議事録未作成問題で首相 – MSN産経ニュース