政府と民主党の見解が不一致というより混乱というべきか

大飯原発以外は夏以降としていたが、数日と経たずにもう見解が分裂しているという。

伊方原発にしても反対派は存在するわけで、そんな伊方原発に大飯原発と比べてどんな優位性を見出したのやら。

前原氏に問いただす、というより、仙石氏に質問したほうがよいのだろうな。

[報道]

時事ドットコム:伊方原発再稼働、現組織で=政府・民主内に推進論-大飯の難航を懸念

[参考]

大飯以外の原発再稼働、手続きは夏以降と経産相 : 電力 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

伊方発電所 – Wikipedia

どう考えても党内の途中経過にしか思えない事を報道する意図はどこに

原発事故PTとエネルギーPTで結論が出たのなら、次はPT間で議論をすればよいと思うのだけれど、なぜそれをしないのだろう。

橋下徹大阪市長が再稼働問題で政府批判を展開していることもあり、党内に広がる「消費増税よりも評判が悪くなる」(閣僚経験者)、「橋下氏にカードを与えるだけだ」

問題解決の姿勢というよりは、政治的思惑しかみえない。

[報道]

原発再稼働:民主2PT見解は正反対- 毎日jp(毎日新聞)

[参考]

クローズアップ2012:大飯原発・再稼働 政権「慎重」印象付け- 毎日jp(毎日新聞)