大阪都構想の協議を近々に予定と

記事から、

橋下徹大阪市長が掲げる「大阪都」構想の実現に向け、民主党は、国の関与を当初案より縮小した法案を今国会に提出する方針を固め、近く野党との協議に着手する。
これに対し、橋下氏は、既に国会提出された自民・公明両党案などとの一本化を求める構えだ。与野党が歩み寄れるかどうかが法案の成否を左右しそうだ。
(省略)
既成政党がそろって法案に協力する姿勢を示すのは、橋下氏が率いる地域政党「大阪維新の会」の国政進出が取りざたされる中、次期衆院選をにらみ維新の会との関係をこじらせたくないとの思惑がある。

本当に「こじらせたくないとの思惑」があるのならナントモ日和見的過ぎるが、実際のところ、自分達の「政治」に使える接点を作り出している最中と。

大阪維新政治塾は2歩目を進めたが、その本体に絡むシタタカな人々の歩みは、いま、何歩目を進めているのだろうか。

[報道]

橋下「大阪都」一本化、国関与で与野党隔たり : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

[参考]

ダブル選挙近づく大阪―「都構想」で儲かって活性化するのか – Japan Real Time – jp.WSJ.com

大阪都構想 – Wikipedia

広告

珍しく論理性に欠ける発言の橋下市長

記事によると、大阪市職員を対象に実施した入れ墨調査の原因は、

児童に入れ墨を見せて脅した児童福祉施設の職員がきっかけとなった、今回の調査。

とされるいるが、これは、入れ墨で脅した職員の倫理性が問題なのであって、入れ墨を入れていることとは別のはずだ。

橋下市長は「俳優や歌手だから支持されるわけで。(2人が)大阪市役所の職員を受けるわけはないと思いますけど。公務員というのは違う、そこは許されない」と述べ、公務員の入れ墨は許されないという主張をあらためて繰り返した。

第一印象が大事であると言いたいのだろうが、人の印象は外見で判断しますと言っているようにしか思えない理論だ。

なぜ公務員は違うのか、なぜ許されないのか。

入れ墨が駄目な理由。そこの関連を説明する必要があるだろうに。

[報道]

橋下大阪市長「レディー・ガガさんが職員になるといったら断る」

[参考]

大阪市職員110人が「入れ墨」 橋下市長「組織として異常」

関西電力大飯原発の再稼動はひとまず見送りか

福井県おおい町にある大飯原発。関西電力の発電所。

再稼動について、大阪府市統合本部エネルギー戦略会議は安全への懸念を表明。再稼働に必要な条件を近く公表するとした。

以前に開催された関電株主総会にて大阪市は『速やかな全原発の廃止』を打ち出したはずだが、再稼動を譲歩するつもりなのだろうか。

おおい町の立場としても意見はもちろんある。

原発と共に歩んだとおおい町商工会会長は語る。

原発建設時、人口6千人の町に5千人の作業員が訪れて町の経済を潤してくれたと。

直近の状況、原発が稼動停止する前のおおい町経済がどうだったかの言及がないので、再稼動でどれくらいの経済効果を見込んでいるのか不明だが、何かしらの経済効果は確かにあるのだろう。

福井県や滋賀県の住人として再稼動差し止めを請求する動きもあるが、そのうち、滋賀県は再稼動説明の対象外と政府は通知している。

地域住民、国や自治体の行政がそれぞれの立場でそれぞれの問題を抱えている。ひとつの問題でも複数の側面を持っているのだろう。

しかし、どのような側面を持っていようと、我々の住むこの星を破壊する行為に繋がるのならば、それは許されるものではない。

[報道]

関電大飯原発「安全確保できていない」 大阪府市エネ会議委員が視察 – MSN産経ニュース

[参考]

【大飯原発防災訓練】「地元同意」キーマンに聞く- MSN産経ニュース

【激動!橋下維新】関電は全原発の廃止を 株主提案で難題突き付け – MSN産経ニュース

大飯原発の再稼働差し止めを請求 住民らが仮処分申し立て – MSN産経west

滋賀県は大飯原発再稼働説明の対象外 藤村氏が認識示す – MSN産経west