外壁を植物で彩る緑のカーテン

『緑のカーテン』とは初めて聞いた。

街中を歩いていると、たまに見かける。建物の外壁を覆うようにツル系の植物を絡ませていたり、芝のような植物をブロック上に貼り付けていたり。

あれは緑のカーテンというのか。

電力不足対策というと大袈裟だが、要するに、室内温度の上昇を抑える効果が期待できるから、冷房時のエネルギー消費も抑えられるということだね。

屋内温度を低く保つなら、日除け用の竹すだれに水を撒いて、窓外に立て掛けておく方がお手軽そうだが。

小規模でならすだれで事足りるが、大規模になるとそうもいかないか。

それに訴求効果も狙っているようにもみえる。

植物との共生を考えると、こういう路線もアリだね。

[報道]

時事ドットコム:「緑のカーテン」で自治体調査=電力不足対策にも一役-国交省

[参考]

緑のカーテン – Wikipedia

緑のカーテン | トップ